九重夢温泉郷

四季によって表情を変える魅力溢れる観光地のご紹介 宿泊と温泉マップ 観光地マップ 商店と企業マップ
九重町は九州の屋根と言われる「くじゅう連山」の麓に広がる高原と温泉の町です。
 四季の変化が鮮やかで、春は野焼きの「黒」、夏は新緑の「青」、秋は紅葉の「赤」、冬は雪の「白」と折々に移ろう大自然をご堪能いただけます。
 なかでも、「九重連山」の登山基地として知られる長者原をはじめやまなみハイウェイ沿いに雄大な自然景観が広がります。
 6月、夏山シーズンの到来を告げる「くじゅう山開き」の頃には天然記念物のミヤマキリシマのピンクのじゅうたんがしきつめられます。また、出力日本一の規模を誇る「地熱発電所」や、その蒸気で卵などが蒸かせる「小松地獄」など。
 そして、断崖絶壁の九酔渓が360度のパノラマで見わたせる「九重“夢”大吊橋」と見どころ満載です。
春のラベンダー園
八丁原地熱発電所
九重夢大吊橋
ミヤマキリシマ
長さ390m、高さ173m、幅1.5mの日本一の人道大吊橋。橋の上からは、「日本の滝百選」に選ばれたのをはじめ、九酔渓、鳴子川渓谷 の雄大な景色が満喫できます。橋の幅員は1.5メートルで車椅子同士も離合可能です。
冬の九重連山
九重のその他の観光地地一覧へ

九重町観光案内所 九重“夢”大吊橋内

九重町観光案内所 ふるさと館内

九重町観光案内所 長者原

九重町観光協会

copyright2008kokonoe.all rights reserved